子の氏の変更のパターン

父母の離婚にともなう子の氏の変更

父母の離婚にともなう子の氏(苗字)の変更、その中でも特に、離婚した妻が子の親権者になり、その子を離婚した夫の戸籍から自分の新戸籍に入籍させる場合は、子の氏の変更の典型的な例です。

父母が離婚しても、子の氏と戸籍は当然には変更せず、何もしないと子の氏・戸籍は離婚前のままです。これは、父母のいずれが子の親権者になろうとも違いはありません。

そこで多くの場合子の氏と戸籍を変更する手続きをするのですが、子の氏(及び戸籍)を変更するには、市区町村役場へいきなり届け出ようとしても受け付けてもらえません。その前に家庭裁判所の許可を得る必要があります(民法791条1項)。

例1

山田花子さんが鈴木太郎さんと結婚し、「鈴木」花子となる

2人に子「鈴木一郎」君が誕生

鈴木花子さんと鈴木太郎さんが離婚

花子さんが旧姓「山田」に復氏し、山田花子となる

一郎君の氏を鈴木から母と同じ山田に変更するには家庭裁判所の許可が必要(民法791条1項)

上の例1は分かりやすいのですが、下の例2の場合も、やはり子の氏の変更手続き(家庭裁判所の許可)が必要です。

例2

山田花子さんが鈴木太郎さんと結婚し、「鈴木」花子となる

2人に子「鈴木一郎」君が誕生

鈴木花子さんと鈴木太郎さんが離婚

花子さんが離婚後も「鈴木」姓を続称することにする

一郎君の氏を母の「鈴木」に変更するには、やはり家庭裁判所の許可(民法791条)が必要

これは、花子さんが離婚後に称することにした「鈴木」と、父太郎さんの「鈴木」とは、同じ鈴木でも異なる氏だからです。戸籍が違うからと言い換えることもできます。

もちろん、母の戸籍に入らず父の戸籍に入ったままでよいのであれば、(変更前も変更後も見た目は同じ「鈴木」ですので)氏の変更をしなくても構いません。

例1の場合も例2の場合も、未成熟の子の場合は、親権者である母と同居する必要があるため、通常問題なく氏の変更が認められます。

↑ページの先頭に戻る

父母の一方の死亡にともなう子の氏の変更

父母の一方が死亡し、他方が結婚前の氏に復した場合、その子の氏(苗字)は当然には変わらないため、子と親とで氏が異なることになります。子が親の氏(苗字)に変更するには、家庭裁判所の許可を得る必要があります(民法791条1項)。

例3

山田花子さんが鈴木太郎さんと結婚し、「鈴木」花子となる

2人に子「鈴木一郎」君が誕生

鈴木太郎さん死亡

鈴木花子さんが旧姓に戻り「山田」花子となる(市区町村役場への届出のみでいつでも可能)

一郎君の氏を母と同じ「山田」に変更するには、家庭裁判所の許可(民法791条)が必要

↑ページの先頭に戻る

母が離婚後に再婚した場合の子の氏の変更

母が離婚後、離婚した夫の子を連れて再婚し、再婚の配偶者の氏(苗字)を称している場合、子の氏(苗字)は当然には変わらないため、子と母とで氏が異なることになります。子が母の氏(苗字)に変更するには、家庭裁判所の許可を得る必要があります(民法791条1項)。

例4

山田花子さんが鈴木太郎さんと結婚し、「鈴木」花子となる

2人に子「鈴木一郎」君が誕生

鈴木花子さんと鈴木太郎さんが離婚

山田花子さんが田中勝さんと結婚(再婚)し、「田中」花子となる

一郎君の氏を母と同じ「田中」に変更するには、家庭裁判所の許可(民法791条)が必要

↑ページの先頭に戻る

子出生前の父母の離婚による子の氏の変更

子が生まれる前に父母が離婚したときは、子は離婚の際における父母の氏を称します(民法790条1項但書)。そのため多くの場合離婚後の母の氏と子の氏とが異なることになります。子が母の氏(苗字)に変更するには、家庭裁判所の許可を得る必要があります(民法791条1項)。

例5

山田花子さんが鈴木太郎さんと結婚し、「鈴木」花子となる

鈴木花子さんがお腹に子を宿したまま鈴木太郎さんと離婚

花子さんが旧姓に戻り「山田」花子となる

山田花子さんと鈴木太郎さんとの子「一郎」君が誕生

「一郎」君の氏(戸籍も)は「鈴木」(民法790条1項但書)

一郎君の氏(及び戸籍)を母と同じ「山田」に変更するには、家庭裁判所の許可(民法791条)が必要

↑ページの先頭に戻る

父の認知による子の氏の変更

婚外子は母の氏を称しますが(民法790条2項)、その後父がその子を認知した場合、父の氏と子の氏は異なるため、子が父の氏(苗字)に変更するには、家庭裁判所の許可を得る必要があります(民法791条1項)。

例6

山田花子さんが鈴木太郎さんとの婚外子「一郎」君が誕生

一郎君の氏は「山田」(民法790条2項)

鈴木太郎さんが一郎君を認知

一郎君の氏(及び戸籍)を父と同じ「鈴木」に変更するには、家庭裁判所の許可(民法791条)が必要

↑ページの先頭に戻る

家庭裁判所の許可を要しない場合

父又は母が氏を改めたことにより子の氏が父母と異なる場合には、その子は、父母の婚姻中に限り、家庭裁判所の許可を得ることなく、市区町村役場への届け出のみで、その父母の氏を称することができます(民法791条2項)。以下はその例です。

父母が養子になり氏が変わった場合

山田花子さんが鈴木太郎さんと結婚し、「鈴木」花子となる

2人に子「鈴木一郎」君が誕生

鈴木花子さんと鈴木太郎さん(もしくは筆頭者である鈴木太郎さんのみ)が佐藤さんと養子縁組をして佐藤花子、佐藤太郎となる。

一郎君は何もしなければ「鈴木」のまま。

鈴木一郎君は市区町村役場役場への届出のみで「佐藤」一郎に変更できる(家裁の許可不要)

その後離縁(または縁組の取消し)により父母が元の氏(鈴木)に戻った場合も、同様に、子である一郎君は「佐藤」から「鈴木」に家裁の許可を得ることなく氏を変更できます。

準正の場合

両親未婚のまま子が誕生(⇒子は母の戸籍に入り母の氏(苗字)を得ます)

父が認知(認知が結婚の後になっても同じです)

父母が結婚し、母が父の氏に変わる

市区町村役場への届出のみで子の氏を母の氏(=父の氏)に変更できる(家裁の許可不要)

離婚した父母が再び結婚した場合

山田花子さんが鈴木太郎さんと結婚

2人に子「鈴木一郎」君が誕生

鈴木花子さんと鈴木太郎さんが離婚

花子さんが旧姓「山田」に復氏し、山田花子となる

家庭裁判所の許可を得て鈴木一郎から山田一郎に変更(民法791条1項)

鈴木太郎さんと山田花子さんが復縁して再婚

花子さんの氏が「鈴木」に変更

山田一郎君は市区町村役場役場への届出のみで「鈴木」一郎に変更できる(家裁の許可不要)

父または母の帰化の場合

外国人である父または母が帰化により日本国籍を取得し、父母につき新戸籍が作られたような場合も、その子は、家庭裁判所の許可を得ることなく、市区町村役場への届け出のみで、その父母の氏を称することができます。

父または母が子の氏の変更により氏を変更した場合

父または母が、民法791条の子の氏の変更により氏を変更した場合、その子は、家庭裁判所の許可を得ることなく、市区町村役場への届け出のみで、その父母の氏を称することができます。

↑ページの先頭に戻る