変更申立て手続き

誰が申立てするか

子の氏の変更許可申立てができるのは、氏の変更を申請する子本人です。

子本人が15歳未満の場合は、その法定代理人(親権者または後見人)が子本人を代理して行います。

どこに申し立てるか

子の氏の変更許可の申立て手続きは、氏を変更する子本人の住所地を管轄する「家庭」裁判所にて行います。

父または母を同じくする子が複数いる場合は、そのうちのいずれか1人の子の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てます。

申立てに必要な費用

  • 収入印紙800円×氏を変更する子の人数分
  • 連絡用郵便切手(裁判所によって異なります)

申立てに必要な添付書類

  • 氏を変更しようとする子の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 父または母の戸籍謄本(父母の離婚の場合は「離婚」の記載のあるもの)

市区町村役場への届出(許可後)

家庭裁判所の許可が得られても、それによって当然に子の氏の変更の効力が生じるのではなく、市区町村役場に届け出なければなりません。

市区町村役場への届出は子本人(15歳未満のときはその法定代理人(親権者または後見人))が行います。15歳以上の子は、未成年であっても自ら届け出なければなりません。

届け出る市区町村役場は、子本人の本籍地または住所地です(戸籍法25条)。

役場への届出に際し、審判書謄本が必要になります。

↑ページの先頭に戻る