子の氏(苗字)の変更手続き

子の氏の変更とは

子は、誕生によって当然に、父母(あるいは母)と同じ氏(苗字)を称することになりますが、父母の離婚、その他の事情によって、親子の氏や戸籍が異なることになる場合があります。

親子の氏が異なる場合、子が母または父の氏と同一の氏に変更するには、原則として家庭裁判所の許可を得た上で、市区町村役場に届け出る必要があります(民法791条)。これが子の氏の変更という手続きです。

当サイトでは、子の氏の変更がなされるさまざまなパターン、子の氏の変更の許可基準、家庭裁判所への申立て手続きなどについて解説しました。

手続きの代理申請、書類作成等のご相談も承ります

当事務所は、あなたの代理人となって、子の氏の変更許可の申し立て手続きを行います。当事務所にご依頼いただくことで、時間のロスなくスムーズに手続きを進めることができます。

書類の書き方その他についてのご相談のみのご依頼も大歓迎です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

↑ページの先頭に戻る